自由研究をまとめる時に、やったことを適当に書いたり、調査した写真などを適当に張りつけただけの内容では、せっかくの自由研究が半減します。

ちょっと書き方を変えるだけで、ちょっと写真の位置を変えるだけで、ぐいっといい自由研究になるのです。

そこで、みんなが見たくなる、また、内容が分かりやすい、自由研究の作り方についてお話します。

せっかく作った、調査した自由研究を、よりよく見せる工夫をしましょう。




<目次>
・模造紙にまとめよう

・アルバムにまとめよう

・スケッチブックにまとめよう

・絵日記にまとめよう

・巻物にまとめよう

模造紙にまとめよう

大きなもぞう紙は、研究の全体がひと目でわかるので、発表しやすいです。

全体のバランスを考えて、小さな紙に下がきしてから書くと、上手にまとめられるよ。




アルバムにまとめよう

写真を多く使うときや、おし花の標本などの保存をかねるような場合は、フィルムつきのアルバムを便うと、手軽にまとめられるし、よごれにくくて便利です。

スケッチブックにまとめよう

イラストや図が中心となる研究は、スケッチブックを使うとわかりやすくまとめられます。

絵日記にまとめよう

観察の結果は、絵日記のように毎日の記録をまとめ、最後に全体の変化などをまとめるといいです。

巻物にまとめよう

歴史をテーマにした調べ学習などでは、巻物にしてみるのもおもしろいよ。

 

関連記事→自由研究を簡単にまとめる方法




このページの先頭へ