わたしたちの身のまわりは空気に囲まれています。

とう明な空気の動きは見えませんが、けむりをまぜると空気の動きがわかります

この実験を、自由研究にしませんか?

それでは、実験のやり方と、自由研究のまとめかてについてお話します。




<目次>
・空気の動きを見る実験!

・実験のまとめ方ポイント!

空気の動きを見る実験!

【用意するもの】

・段ボール箱(1辺が30cmぐらいのもの)
・ひも(1.5mくらい)
・カッター
・線香や蚊取り線香
・ガムテープ

【作り方】

A.カッターやはさみなどで、あなを開けます(大人に手伝ってもらいましょう)。

B.首から下げるひもをガムテープなどでとめます。

【実験方法】


①だんボール箱の下にかとり線香などを置いて、箱の中にけむりをためます。あなからけむりがあふれるくらいためましょう。


②箱の両側をたたくと、あなからけむりが輪になって飛び出します。




実験のまとめ方ポイント!

●あなから飛び出した空気の輪の形を絵にかこう。

●飛び出したときと遠くへ飛んだときとで、空気の輪の形にちがいがあるかくらべよう。

●空気の輪の飛び方を観察して、動きを調べよう。

 

関連サイト→女の子に人気!ドライフラワーの工作




このページの先頭へ