ストローに、紙で作った弁をはりつけて、おもしろい音がでる笛。

輪ゴムとプラスチックのしょう油皿を使って作る小さなギター。

自由研究の工作として作ってみませんか?




<目次>
・面白い音がでるストローボーンの作り方

・カッコいいギターの作り方

面白い音がでるストローボーンの作り方

【用意するもの】

・ストロー2本(太さのちがうもの)
・チラシ(紙につやのあるもの)
・セロハンテープ
・はさみ
・アルミテープ

【作り方】


①2本のストローのうち細いほうを、はさみを使ってななめに切ります。


②切り□の形に合わせてチラシを切り、ストローにセロハンテープではります。


③細いストローを、太いストローに入れて、アルミテープでかざればでき上がり。

【笛の吹き方】

ストローを□にくわえてふくことで、先につけた紙の弁がふるえて音が出ます。弁がぬれないように気をつけてふきましょう。




カッコいいギターの作り方

【用意するもの】

・ふで
・プラスチックのしょう油皿4枚
・輪ゴミ5本
・ゴム系接着剤
・ベニヤ板(たて:20cm ヨコ:2.5cm)
・カッター
・水性ペンキ
・ストロー1本

【作り方】

①ベ二ヤ板の両はしに、カッターて切りこみを5つ入れて、水性ペンキで色をぬります。

②しよう油皿を2まいすつ重ねて本体を2つ作り、1つはカッターで丸く切りぬきます。

③しょう油皿で作った本体を、ゴム系接着剤で、ベニヤ板にはります。

④本体とベニヤ板がしっかりとくっついたら、ベニヤ板の両はしにある切りこみに、5本の輪ゴムをそれぞれひっかけます。

⑤ストローを本体のはばと同じくらいの長さに切ります。切ったストローを、本体と輪ゴムの問にななめにはさんででき上がりです。

 

関連サイト→家族で楽しめる!空気の実験




このページの先頭へ