「なぜだろう?」と思ったことや、「~したい!」と思ったことなどが、自由研究のテーマを決めるための「きっかけ」になります。

まず「きっかけ」づくりに取り組みましょう。

まざまなきっかけから興味を持った題材が出てきたら、その題材の何について研究するのかを考えて、具体的にし、テーマにしていきましょう。

それでは、詳しく解説していきましょう。




<目次>
自由研究のテーマを決めるためのきっかけを探そう!
 ・自由研究のテーマは好きなことを考えよう!

 ・自由研究のテーマは身近なことに目を向けよう!

 ・自由研究のテーマは最近見たり聞いたりしたことで探そう!

 ・自由研究のテーマは本やWEBサイトで探そう!


きっかけから自由研究のテーマを決める方法!

 ・自由研究のテーマを決めるには調べたことを具体的にしよう。

 ・自由研究のテーマを決めるときは無理なくできるかチェック!

自由研究のテーマを決めるためのきっかけを探そう!

自由研究のテーマは好きなことを考えよう!

食べ物、動物、スポーツ、しゅ味など、ふだんの生活の中で、自分が好きだと思っていることや、興味を持っていることが、自由研究の題材として取り上げられそうかどうか考えてみよう。

好きなことなら、どんどん深く調べて、自由研究のテーマになるか考えましょう。

自由研究のテーマは身近なことに目を向けよう!

家の中や通学路など、身近な所で見かけて、ふしぎに思ったことや、気になったことの目を向けましょう。

例えば、「家の中でいちばんすすしく過ごせる場所はどこ?」とか、「木の上に鳥が巣をつくっていた。あの鳥は何という種類だろう?」とか、どんな小さなことでもいいのです。

ぎもんに思ったことが、自由研究の題材になるかもしれないのです。

自由研究のテーマは最近見たり聞いたりしたことで探そう!

テレビや本で、今まで知らなかったことを見たり読んだりすることがあるでしょう。

また、家族や友だち、地いきの人などから話を聞くこともあるでしょう。

その中で、もっとよく知りたいと思ったことを題材にするのもいいでしょう。

「南極にはどんな生き物がいるの?」、「銀行にお金をあずけると、利子がつくのはなぜ?」など、地球の自然や、世の中のしくみなど、大きな題材に取り組むのもおもしろいです。

自由研究のテーマは本やWEBサイトで探そう!

自由研究の題材や方法をしょうかいした本やWebサイトがたくさんあります。

それらの中から、分野や対象学年、むずかしさの度合いなどを参考にして題材を選ぶのもいいです。

まったく気づかなかっだ題材を見つけられるかもしれません。

どれくらいの期間がかかるかもわかることがあるから、研究に使える期間に合った題材を選ぶこともできます。




自由研究のテーマを決めるには調べたことを具体的にしよう。

自由研究のテーマは好きなことを考えよう!

調べたい題材がだいたい決まってきたら、調べることを具体的に決めていくと、しっかりしたテーマになっていきます。

例えば、「月」について調べるのなら、「月の満ち欠けについて」、「月の見える位置について」、「月に生き物はすめるだろうか?」など、月の何について調べるのか、具体的にしていきましょう。

そうすれば、どんなことをどのように調べればいいか、研究の進め方もはっきりしてきます。

自由研究のテーマを決めるときは無理なくできるかチェック!

テーマを具体的にするとき、そのテーマが自由研究にふさわしいものかどうか、無理なくできるものかどうかなどをチェックしよう。

例えば、「雪男はいるのか?」のように、結ろんが出そうにないものはさけたほうがいいでしょう。

また、時間やお金がかかり過ぎるもの、きけんな実験などをしなければならないものもやめたほうがいいです。




このページの先頭へ